早期高血圧ってどんな病気?

高血圧とは何かをタブレットで検索している医師

高血圧症は様々なタイプがありますが、今回はその中でもあまり知られていない早期高血圧について学んでいきましょう。

早期高血圧は高血圧と何が違うの?

最近は高血圧に症状がある人が多くなってきています。
それは毎日忙しい生活をしていたり、ストレスを抱える社会の中で増えてきています。
血圧が高いと言うことは、他にさまざまな病気の原因になることがあります。
したがって上手に血圧をコントロールすることが、健康な生活を送ると言うことにつながります。
血圧が高いと言うことは高血圧といいますが、このほかにもたくさんの呼び方があります。
血圧は誰でも変化をしているもので、常に同じ値と言うことはありません。
基本的に1日の中で朝は高くなっています。
そして夜寝ている間は低くなっているのです。
血圧に関しては早期高血圧という言葉があります。
忙しそうに走っている2人のサラリーマン早期高血圧は高血圧と何が違うのかというと、朝の血圧がとても高くなっているのです。
この違いの見分け方としては、朝と夜の収縮期血圧を足して割った平均値が、135以上であるという事になります。
またその差が15から20以上あるという状態で、早期高血圧と呼ばれるようになっています。
さらにこれは血圧の上昇の仕方によって分けられています。
それがディッパー型とノンディッパー型の2つです。
ディッパー型の特徴は、朝起きるのと同時に血圧が上昇するのです。
そしてこれと比べてノンディッパー型の特徴は、朝に上昇した血圧が、夜になっても下がらないと言うことです。
年齢が高くなるとこのノンディッパー型が増える傾向にあります。
夜になっても血圧が下がらないと言うことから、脳血管疾患や虚血性心疾患を引き起こすリスクが高くなってしまいます。
血圧を下げるためにはノルバスクという薬があります。
ノルバスクが処方されたときには、医師の指示にしっかりと従って飲むようにします。